プロフィール

『再生』と『健康』がテーマ

既存住宅の再生

tanojis-3現在、日本の家族数は4800万くらいあって、既存の住宅は5700万戸あります。すでに900万戸の住宅が空き家状態といわれています。
また、中古住宅の流通量はドイツで88%、フランスは67.8%もあるのに対して、日本はわずか13%しかありません。

また、これらの建物の中には手を加えることで再生され、新しい役割を担えるものも数多くあります。もともと、日本の大工さんたちが建ててきた在来工法の家は『柱の建築』といわれていて、間取りの変更や改修がしやすい造りなっているのです。

健康に暮らすために

bedroom私たちが生活を送っている住まいのなかで、とくに長い時間をすごす場所では床、壁、天井にできる限り自然に近い素材を選ぶことが大切です。

では、私たちがもっとも長い時間を過ごす部屋はどこでしょう。それは『寝室』です。

また、私たちが気持ちよく暮らすためには、その素材の選択もふくめた『間取りの工夫』や、食事をとおしてのコミュニケーションを忘れないようにしたいですね。

GanI111224
岩本誠一(いわもと せいいち)
二級建築士、宅地建物取引主任者

1962年:熊本市生まれ

Facebook

1997年 公方建設(大村市)
2005年 産直型企画住宅『コムハウス』を企画・建築。
2010年 コムハウス・プランニング(長崎市)
2013年 既存建築専門の支援サイト com_assist

□コムハウス・プランニング
長崎市万才町3-29-401
建築事務所登録:長崎県知事登録 第222057号

□コムハウスデザイン
東京都世田谷区粕谷2丁目

掲載内容に関してのご質問はメールでお願いいたします。
お問い合わせ

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン