家具デザイン

部屋に合わせて家具をつくる

コムハウスでは出来るだけ間仕切壁をなくし、ワンルーム形式の間取りにしています。
しかし生活する過程で、どうしても間仕切り壁や目隠が必要な場合には、家具による
解決を提案しております。

下の写真はcom_205シリーズ専用につくられた間仕切り家具です。
この什器のテーブルはキャスターがついており一人でも簡単に動かすことが可能です。

この什器をおくことによりLDKのオープンな感じを崩すことなく玄関やリビングから
ダイニングへの視線を避けることが出来るようになります。

205kagu_01205kagu_02

古材を再利用する

無垢な木材で家具をつくる場合に気をつけておきたいのが『木材の乾燥』です。
自然乾燥では2〜3年は寝かせたもの、あるいは人工乾燥させたもの、または集成材
などを使う場合もあります。

古材はすでに何十年という年月を経ているため、その心配はありません。ただ、
松の梁材などを切断加工する場合には、その中に古い釘が残っている場合がある
ので、気をつけたいですね。

DSCN5867DSCN5868

古材のベンチと机(左)と玄関の収納型ベンチ(右)

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン