日本の近代住宅

日本の住宅は本来その地域の気候・風土を活かした素材と長い伝統のなかで培われた
職人の知恵がいかされていました。そんな中で、1920年ころまでは、そのほとんどが
棟梁たちの手によって作られる伝統的な木造の和風建築でした。

その後、明治以降のの西洋化、近代化がもたらした人々のライフスタイルの変化など、
また、都市化がすすむにつれ、防災上の観点から木造建築の燃えやすさが欠陥として
指摘されたことにより、現在のような姿へと変化してきました。

土浦亀城 1935年 自邸
tutiura01tutiura02

一見木造にはみえませんが、しっかり木造です。中二階的なスペースがいい!

谷口吉郎 1936年 自邸
日本の木造住宅の庇や雨戸に新しい解釈をほどこして、日本の気候を考慮した
木造のモダニズム住宅の佳作。中央のリビングに吹抜けを持ち、2階ではその
周りを回遊できるようになっています。
DSCN4779DSCN4776

機能的な小住宅

政府の持ち家政策によって、1950年よりはじまった住宅金融公庫の融資や建築基準法、
建築士法などの法的整備により、若い建築家たちが競って小住宅の設計を手がけるよう
になりました。

池辺陽が設計した、立体最小限住宅は戦後の新しい家族像、主婦の家事労働の軽減を
目指し、寸法システムを徹底的に研究し、それまで平面的に追求されてきた最小限住
宅を立体的に提案しました。
ikebe01ikebe02

片流れの屋根が特徴的な外観(左)

当時としてはかなり?モダンな
台所(右)

畳、障子、縁側

合理的な小住宅が追求される一方、反動的とすらされてきた畳、障子、縁側など日本
固有の伝統的要素を再解釈して改めて導入した住宅が、清家清の設計した『森博士の
家』
です。

seike01seike02

この住宅ではイス式のリビング&ダイニングと畳の間が絶妙に併置されていて、引戸を開けると全体としてはワンルームになるようになっています。

間取りと部屋取り

これらの住宅を見てくると、日本の伝統木造建築が障子で仕切られた『間取り』として考えられていて、現在の住宅のような『部屋取り』とは一線を画いていることがわかります。いま、障子あるいは引戸によって仕切られた自由空間は『目線の通る家』『風のぬける家』として注目されているのです。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン