結婚式場を斎場に用途変更 〜雲仙市吾妻町〜

051e4dd1bfd139b64c4f9c66b102d147コンバージョンとは『用途の変更』のこと。既存の建物の一部あるいは全部を改修して新しいスペースとして活用する手法です。
ここでは既存のレストラン&結婚式場を改修して『斎場』として再利用させた例をご紹介します。

コンバージョンのメリットとデメリット

・コンバージョンのメリットは建築コストの削減立地の良い物件が新築より安価で手に入る点にあります。時代の流れによって人通りが変わってしまった市街地の商業ビルや、オフィスなどを住居として再利用するケースなどがあります。
・逆にそのデメリットとしては、変更する用途によっては法規制を受けることによる多大な改修費用を必要とする場合があり、この法規制をいかにクリアーするかが建築コストを含めた事業採算性に大きく影響してきます。

鉄骨平屋建て大規模改修工事

6af169139ee8332a610d8a547e0a7bb3工事の概要
鉄骨平屋建ての既存建築物:結婚式場を再利用して、『斎場』へと用途変更するための改修工事を行いました。東側の木造増築部分と小屋等は撤去。また、旧レストラン部分は今回の工事部分からは除外。

・構造:鉄骨造平屋建てent01
・所在地:雲仙市????? ・築年数:38年
・延べ床面積:972.96㎡(294.8坪)
・工事対象面積:781.76㎡(236.9坪)
・工期:平成23年4月?6月
・総工費:3,300万円

ent02ent04改修のポイント-1

既存の建物ではレストラン入口と斎場入口との2つの動線分離が課題となりました。
そのままだと、人の流れは旧レストラン入口のほうに流れてしまうおそれがありました。
自然に人の流れを斎場入口に誘導する方法として考えられたのが、高さ4mのスクリーン。さらにアプローチをタイル敷きとして植栽でゾーニング。これによって駐車場から斎場への誘導がスムーズになりました。

改修のポイント-2saijyo01saijyo02

既存の間取りの変更を最小限におさえ、建具等も再利用して、コストダウンを図りました。


<関連記事>

・既存建物に新しい価値を与える有効活用の提案:甦りの建築
・建築フォーラム:増築等の伴わない用途変更の建築確認について
用途変更の場合の確認申請
・壁紙の防火認定について:日本壁装協会

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン